スポーツジム 効果

健康ダイエット

スポーツジムの効果は?メリット・デメリットを解説

こんな方におすすめ

  • 体を鍛えるのにスポーツジムを検討している方
  • スポーツジムのメリットを知りたい方
レイコ
体を絞るにはスポーツジムが必要ですか?
博士
スポーツジムのメリットデメリットを考えよう

 

スポーツジムの効果?メリットを検証

体を鍛える、体力をつける、ダイエットする、ためのスポーツジム。

スポーツジムのメリットとデメリットを確認して、自慢のボディ、クリアな頭を手に入れよう!

 

スポーツジムのメリット

自宅にないトレーニングマシンが豊富

トレーニングにはいろいろな方法がありますが、やはりマシンは筋肉に効きます。

僕は自重トレーニングもやりますが、マシンのほうが時間も短期で効果も大きい。

有酸素系もランニングマシン、バイクマシンなど自宅にないトレーニングマシンが豊富に利用できることが一番のメリットです。

主なマシン・器具

ランニングマシン

バイクマシン

背中マシン

ダンベル

フリーウエイト

このような器具・マシンはスポーツジムでないと利用できないものですね。

 

トレーナーに相談できる

専用のトレーナーに相談できることがグッドポイントです。

体の悩みはひとそれぞれなんですよね。これはネットでは検索できません。

「おなかの脂肪を取りたいのですが・・・」

「腕を鍛えて、Tシャツをかっこよく着たいです!」

スポーツジムで体を測定して、個人に合わせた解決方法を示してくれるトレーナーは宝です。

 

スタジオレッスン

参加者と一緒に体を動かしたり、声をだしたり、この空間は魅力的です。

仲間との一体感も高まります。

ただし、コロナ下では三蜜になる場所ですので、参加者としても十分に対策をしましょう。

 

プールレッスン

プールは常時、水圧や水の抵抗がかかるため脂肪燃焼には良いとされています。

プールもスポーツジムに入会することで得られるメリットのひとつです。

 

お風呂にはいれる

お風呂に入るために、スポーツジムに入会される方もいます(笑)

大きな湯舟を利用できることは魅力が高いですね。

ただし、お風呂に入るだけでは一般の銭湯でも十分です。

 

仲間ができる

スポーツジムに通いだすとトレーニング仲間ができます。

仕事や家庭以外の人のつながりができます。

ここから友人になったり、結婚される方もいらっいしゃます。

 

スポーツジムのデメリット

お金がかかる

会員区分にもよりますが、毎日利用できるものだと月10,000円はするでしょう。

年間12万円をお支払いする価値をもう一度か考えてみましょう。

 

移動時間がかかる

時間もかかります。

移動で30分であれば、往復1時間。

トレーニングと移動を合わせると、一日2時間。

トレーニングは週3回程度は実施が望ましいので、週で6時間、月に30時間といったところでしょうか。

ポイント

仕事もある中で最低月30時間ジムの時間を確保することが有効に利用する条件です

 

この時間を確保できるかどうかも継続的な利用にポイントとなってきます。

 

トレーナーの知識

スポーツジムのトレーナーに個別の相談ができることはメリットです。

ただし、トレーナーと相性が合わなかったり、それそもトレーナーに知識がないケースがあります。

最近もアルバイトのトレーナーさんも多く。

今やインターネットで全体像の知識は学べます。

納得できる説明や解説がないと、継続して続ける意味はないでしょう。

こればかりは入会してからでないと分からないことではありますが、

合わないと思ったらほかのスポーツクラブも検討すべきです。

 

混雑する

人気のスポーツクラブでは混雑して満足にマシンが利用できないケースがあります。

事前に見学などして利用時間でしっかりとマシンが利用できる状態にあるか事前確認が必要です。

 

人付き合い

スポーツジムに入会すると仲間ができることがメリットでもありデメリットでもあります。

ほぼ毎日利用するジムで気の合わない人が同じ時間帯に利用する危険があります。

人間関係で退会するケースも発生しています。

ココに注意

スポーツジムは利用頻度が高いだけに、趣味でお金を使って嫌な思いをすることは避けたいですね。

 

人と接触する コロナ

新型コロナウイルス感染症のクラスターの発生でスポーツジムは限定的なサービス提供となっています。

いまの時代はコロナリスクもありますので、もうしばらく様子を見て入会されることをお勧めします。

 

スポーツジムのまとめ

これまでスポーツジムを利用するメリット、デメリットを整理してみました。

スポーツジムに入会する目的、時間、住んでいるエリアによって状況も大きく異なってきます。

スポーツジム以外にも、自宅や外で実施できるサービスも増えていますので、ぜひ検討してみてください。

本日のまとめ

  • 自宅では用意できないマシンやスタジオ、プールは絶対にメリット!
  • 個人の悩みを解決してくれる信頼できるトレーナーをみつけるのがカギ!
  • そのうえでお金と時間の問題をクリアにしてから入会しよう!

 

関連記事:ダイエットの方法とは?さまざまなアプローチでやせる!

関連記事:スポーツジムの種類は?いろいろなタイプのジムが誕生!

-健康ダイエット

Copyright© スポーツで飯を食う , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.