スポーツの仕事

スポーツ 仕事

スポーツの仕事を紹介!

スポーツといっても、職業はさまざま。
スポーツを仕事にしたい人に、スポーツ関連のお仕事をご紹介したい。

スポーツ基本計画からスポーツの未来を探る
スポーツ就職 夢で飯を食うために
スポーツの仕事はドリームジョブと呼ばれている

スポーツ


スポーツの仕事の種類

スポーツで飯を食うといっても、その範囲は広いです。ミズノやアシックスの上場企業から、個人で活躍する選手まで、企業規模も、競技の種類もさまざまです。

スポーツメーカー

スポーツ用品ウエアを作ります。ナイキ、アディダス、ミズノなど。

スポーツフィットネス、インストラクター

フィットネスジムやプール、運動プログラムを提供します。コナミ、ティップネスなど。

地域スポーツクラブ

地域住民の健康や、子どもの成長プログラムを提供します。総合型地域スポーツクラブなど。

スポーツ監督・選手

プロ野球・J リーグ・Bリーグなどチームに所属する監督や選手。

スポーツチーム経営者・スタッフ

プロ野球・J リーグ・Bリーグなどのチームの会社を経営するスタッフ。

トレーナー

選手のけがを治療するスタッフ。プロチームだと専属、高校生や大学生だと複数チームを担当し、生計を立てている人もいます。

審判員

プロ野球・Jリーグなどのプロチームの審判員だと飯は食えますが、それ以下は兼業が多いです。

スポーツジャーナリスト

スポーツの試合とその舞台裏を取材し、記事にします。新聞社や雑誌の記者、フリージャーナリストを指します。

スポーツテレビ

スポーツを取材し、映像で試合結果を届ける仕事です。テレビ局や番組制作会社に該当します。

スポーツツーリズム・スポーツコミッション

スポーツチームの合宿誘致やスポーツ大会の開催を通して、スポーツ旅行者を増やす役割です。
スポーツコミッションで飯は食えるか?

スポーツをデータ分析する仕事

データスタジアムさんのように、データを分析し、チームに提供する仕事です。
スポーツでデータを活用して勝つ方法