営業ノウハウ 社長の頭の中を創造してみる

営業 ノウハウ




営業 ノウハウ 社長の頭の中を想像する

企業の社長は日々どのようなことを考えているのか。

社長がスポンサー契約をOK!NO!と決めるのだから、まずは社長の頭の中にアプローチすることも有効だろう。

一般的に経営者の悩みとして

「売上アップ」

「資金繰り」

「人材確保」

と言われている。

この3つをベースに、社長の頭の中を想像してみよう。



 

売上アップ

「最近調子のいいA商品の売り上げをもっと伸ばせないかな」

「新事業のアイディア BとCとDの中で何が良いかな」

「E事業の拡大のためにF社の買収してはどうだろうか」

「不振のG商品をいつまでどうするか」

「H事業とI事業を統合させればスケールメリットがでそうだ」

「売り上げアップには社名や商品の知名度を向上させたいな」

「地元のJ社ともっと取引できないか」

「10年後の成長にために、K工場にお金をかけて設備補強しよう」

「もっとお客様に喜ばれるアイディアはないか」

 

資金繰り

「3か月先に大きな支払いがある。どのように対応しようか」

「L銀行からの融資はどうなったか」

「M税理士と今後の資金繰り計画を立てよう」

「コストカットできる部分はないか」

 

人材確保

「N部門を任せられる人材はいないかな」

「中途採用をもっと強化して、将来の幹部候補を育てたい」

「新卒採用がうまくいっていない。会社のイメージ向上の策は何かないだろうか」

「社員のやる気をもっと高めたい。どのような方法があるか。ボーナスを出すか。福利厚生を充実させるか。」

 

あくまでも一例だが、経営者の頭の中を徹底的に想像してみる。ここから提案内容を考えてみる。

経営者の悩みを根本的に解決できることはスポーツにはないかもしれない。

しかしながら、スポーツが新しい価値を与えたり、新たな解決法を提示することは可能だろう。

 

営業 リスト をどのように作成するか



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

10年間、サッカークラブの立ち上げ、Jリーグ昇格に携わってきました。特にスポンサー獲得したりお金の生み出すことについては想いと経験があります。大好きなスポーツ活動をする方にお金の稼ぐ方法のヒントを少しでもお伝えしたいと思います。