ユニフォーム鎖骨スポンサーは成長企業を迎え入れるチャンスと捉える

鎖骨スポンサー




鎖骨スポンサーを収入アップの起爆剤にする

2018年からJリーグは鎖骨スポンサーを許可してクラブの収入アップを図っています。

鎖骨スポンサーをどの企業と契約するかがクラブの今後のスポンサー戦略の方向性を決める。

オーナー企業のスポンサー料の増額の根拠ともできるし、新しい成長企業を迎え入れるチャンスにもできる。
この決定は今後のそのクラブのスポンサー戦略の成否に影響するだろう。

 



ユニフォームスポンサーは今まではそのクラブを支える主力企業

ユニフォームスポンサーはそのクラブのメインスポンサー企業が通常確保します。

たいていはオーナー企業や、オーナー企業の関連企業、そして、地元新聞社、地元銀行、ガス会社、鉄道会社などで構成されています。

ユニフォームスポンサーはほとんどが変化なく、毎年同じ企業が同じ場所に掲載されることが多いです。

鎖骨スポンサーにミクシィ、メルカリが参入

鎖骨スポンサーの最初のニュースとして、鹿島アントラーズの鎖骨スポンサーにメルカリが、FC東京の鎖骨スポンサーにミクシィが決定したと報道されました。

鎖骨スポンサーでスポンサーの新陳代謝をスタートさせる

私はここに新しい風を感じました。

鎖骨スポンサーに新しい成長企業を迎えることで、これまでどこか歴史ある大企業に遠慮して、遠目で見ていた成長力のある中小企業が新規参加する契機となる可能性があるはずと感じます。

ミクシィやメルカリまでいかなくても、ネットを中心に成長している企業は多々あって、リアル市場でファンが毎試合移動し、応援するスポーツチームのスポンサーを広告として魅力に感じている経営者は少なくないはずです。

鎖骨スポンサーは、ぜひ新しい成長力のある企業に提案してほしい。

契約できれば、クラブのイメージが変わり、可能性の秘めた企業が徐々に動き出すものと想像します。

プロ野球ではソフトバンク、楽天、DeNAの新しい企業が優勝を争っているように、スポーツのスポンサー企業もある程度の新陳代謝が必要です。

新陳代謝はクラブイメージを活発化します。

新陳代謝は新しいスポンサーを迎え入れます。

その新陳代謝の機会が、鎖骨スポンサーであると私は感じます。

営業スタッフはこの鎖骨スポンサーをできる限り、若い社長の勢いのある会社に優先して提案してほしい。

この成功が今後のクラブのスポンサー戦略の成功につながると信じて。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

10年間、サッカークラブの立ち上げ、Jリーグ昇格に携わってきました。特にスポンサー獲得したりお金の生み出すことについては想いと経験があります。大好きなスポーツ活動をする方にお金の稼ぐ方法のヒントを少しでもお伝えしたいと思います。