スポンサー継続のためにシーズンオフにやるべき5つのこと

スポンサー 継続




スポンサー継続のためにシーズンオフにやるべきこと

ほとんどのチームがシーズンも終了し、一年を終えようとしています。選手はOFFシーズンに入りますが、フロントスタッフにとってはまさに正念場。2月や3月の開幕に向けては、今の頑張りが、開幕戦に直結する大事な季節です。

スポンサー営業を担当するスタッフにとっては大事な季節。目標とする数字を頭に描きながら、日々1件ずつ企業を訪問していることかと思います。私もクラブスタッフ時代は契約時期は違えど、約80社ほど担当していましたので、12月と1月と2月と3月は死ぬほど忙しかった。シーズン後ゆっくりとしているとすぐに開幕が迫ってきますよ!

シーズンオフにするべきこと

1.今シーズンのまとめ(数字で具体に)

今シーズンをじっくりと振り返ります。最低でも下記の項目について、チームスタッフで話し合い、目標としていたことへの達成度を確認します。

・チームの成績

・観客数

・地域への貢献度(活動回数)

・応援企業の推移

・メディアの露出

・ポイントとなる出来事

これらの項目を報告書にまとめます。報告書は写真を使って視覚に訴えます。

ユニフォームスポンサーや看板スポンサーには、1社ごとに掲出された写真を添付し、スポンサー企業の広告掲出報告書に使えるような資料を作成します。

2.来シーズンの商品設計

来シーズンのスポンサー、チケットの商品設計をします。

スポンサーの料金や内容、チケットの区割りや料金などを決めていきます。

今シーズンの成績や観客数、長期計画の現在地を踏まえて、提案料金を決めていくのです。

3.お礼の訪問

報告書を持参し、スポンサー企業を訪問します。

まずは一年間のチームの応援に関するお礼を行います。

次に報告書をひとつひとつ説明しながら、昨年との比較やチームが成長していることに重きをおいて説明します。

4.チームの目指す場所とチームの現在地

昨シーズンの報告のあと、長期目標を再度話し、夢を話し、現在地を話し、来期の提案へと話をつなげていきます。

毎年の成績にかかわらず、会社としての将来の目標を伝え続けていくことは、長くスポンサーとして応援してもらうコツです。

5.来シーズンの提案

来シーズンの目標を明確に示し、来シーズンの提案を行います。

以上の1~5をスムーズに論理展開できれば、スポンサー継続の可能性が高まることでしょう。

関連記事:定期更新は大切!長期的な関係づくり



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

10年間、サッカークラブの立ち上げ、Jリーグ昇格に携わってきました。特にスポンサー獲得したりお金の生み出すことについては想いと経験があります。大好きなスポーツ活動をする方にお金の稼ぐ方法のヒントを少しでもお伝えしたいと思います。