スポーツビジネスに就職するコツ。大学の講義で話す機会を得る。

スポーツビジネス 就職




スポーツビジネスに就職し、そこで成果を出すには。

先日、大学の講義でスポーツビジネスと仕事について話す機会を得た。

これまでも何回かお話する機会があったが、なぜ私がそのような機会を得れたかというと、私がスポーツビジネスの現場を経験したからにほかならない。

スポーツチームの立ち上げからの経験は、他人から見ると貴重らしい。

話したことは「スポーツビジネスに就職する方法」「スポーツ界で活躍する方法」である。



スポーツビジネスに就職するには

学生の向けの授業だったので、学生からスポーツビジネスに就職する方法についてお話をした。

まずはスポーツビジネスの現場に足を踏み出していること。私の回りのでスポーツチームで働いている人は学生時代からスポーツチームやトレーナーやインターンやアルバイトで、何かしらスポーツビジネスの近くにいる。

そこから引き抜かれていくことが多い。

だから、まずはスポーツビジネスの近くに学生時代から足を置いておく重要性についてお話をした。

 

そもそもスポーツ界はまだまだ規模が小さい

野球のトップの売り上げを誇るソフトバンクで売上270億円、阪神タイガースで売上200億円、浦和レッズで70億円、ガンバ大阪で50億円、J2のクラブ5~10億円、J3で1億~2億円。

10億円規模なら地方の中小企業なみで、プロスポーツのそのほとんどが零細企業。雇用も定期的な採用は一部のチームに限られ、そのほとんどが人脈での採用である。

零細企業の採用は失敗ができない。だからできる限り失敗の少ない選択「自分が知っている人」を採用する。だから、就職を目指す人はスポーツ界に近いところに身を置くことだ。

スポーツビジネススクールに通う、スポーツアルバイトで働く、インターンするなど、スポーツ業界のスタッフと接点を増やすことが就職への第一歩だ。

 

スポーツビジネスで活躍することについて

ところがスポーツビジネスで活躍するには、という話になると学生からスポーツ界で働く人だと結果を出せない可能性が高いようだ。

活躍するとは、ある分野でプロフェッショナルになること。人よりとびぬけた技能や経験が必要だ。

ところが運よく学生からスポーツチームに入社できても、労働作業の仕事の量がどちらかというと多く、仕事をこなすことでいっぱいになってしまう人が多いように思う。

2~3年しても人が大きく増えることがないから、ひとつのことに集中して能力を上げることは難しい。

忙しいだけで、自身の専門性が身につかない。

さらに、上司も忙しいのでビジネスの基本もあまり教えてくれない可能性が高い。

だから、私は学生の皆さんに、スポーツ界で本当に成功したかったら、まずはスポーツ界に入らないことと、お伝えしました。

10年でも20年でも、自分の専門性を身につけて、それからどうしてもスポーツで人を幸せにしたいのなら、それからでも遅くない。

スポーツビジネスはファンビジネスなので、専門性を生かした仕事はこの上ない幸福度を与えてくれると信じて。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

10年間、サッカークラブの立ち上げ、Jリーグ昇格に携わってきました。特にスポンサー獲得したりお金の生み出すことについては想いと経験があります。大好きなスポーツ活動をする方にお金の稼ぐ方法のヒントを少しでもお伝えしたいと思います。